阿用地区振興協議会 | 島根県 | 雲南市

 
 

阿用地区振興協議会からのお知らせ

阿用地区振興協議会からのお知らせ
  2016-02-18 「阿用賛歌」の動画紹介
  2016-02-15 過去の情報はサイドメニューから見れます
   
平成30年阿用地区振興協議会が目指すこと
平成30年の目標は
 いつまでも住み続けることのできる地域を作ろう
  ①美しい阿用の里山・集落景観を将来に引継ぐ
  ②地域の継続的発展のために、定住対策に取り組む
  ③安心して暮らせる地域防災体制の確立
 安全・安心して暮らせる阿用の郷をめざして
  ①地域みんなで支えあう小地域ネットワーク事業の推進
  ②サロン活動の推進
  ③健康長寿の郷づくり事業の推進
  ④安心・安全な地域づくりの推進
  ⑤健康で心豊かな人づくり
 阿用の将来を担う後継者を育成しよう
  ①若者が地元で定住できる環境づくり
  ②阿用の魅力を発信
  ③地域で子育て、阿用の子どもたちの応援
  ④阿用小学校の魅力発信
  ⑤生き甲斐づくりの支援
 
 

みーもスクールで森の大切さを学びます

みーもスクールで森の大切さを学びます
 
7月11日 阿用小学校3・4年生15名が学習しました。

子供の頃から森と触れ合う事をとおして森の役割や大切さを学ぶために今年も県森林インストラクターの武田正彦さんに阿用小学校で授業を行っていただきました。「これは何という木でしょう?」「昆虫の足は、何本でしょう?」「どんぐりの木は、どれでしょう?」「巣箱で育つ鳥はどれでしょう?」「家の柱は何年でできるでしょう?」など10問のクイズにより樹木、昆虫、鳥などの植物や生物について学びました。「森にいる昆虫や森のいろんな話が聞けて良かった」「森にはいろんな楽しいことがあることがわかった」等子供達の感想があり、楽しい45分間となりました。9月は、実際に山に入り間伐体験を行う予定です。

 

授業の様子です

授業の様子です
 

第44回阿用地区バレーボール大会が開催されました

第44回阿用地区バレーボール大会が開催されました
 
7月8日 男子8チーム、女子4チームの参加でした
男子の部8自治会8チーム、女子の部2自治会4チームの参加で開催されました。大東公園体育館では男子がトーナメントで行い、阿用小学校体育館では、女子がリーグ戦で行いました。その結果、男子は、2年連続中盛チーム、女子も二年連続で川西Bチームが優勝しました。今年も女子の部の参加が少なかったためリーグ戦による総当たりで行いました。
 
成績は下記のとおりでした。
   男子の部      女子の部
優 勝:中盛        川西B
準優勝:東上        川西A
第3位:清久下       中盛B
第3位:掛屋
 
 
 

大会のようすです

大会のようすです
 

「阿用おしゃべり喫茶」を開店しました

「阿用おしゃべり喫茶」を開店しました
 
7月6日 22名の来店がありました。
7月6日(金)あいにくの天気でしたが、「阿用おしゃべり喫茶」を、あおぞら福祉会、雲南市包括支援センター、社会福祉協議会の協力を得て地域の方、事務局総勢22名の参加で開催しました。
はじめにデイサービスあおぞらの家の安田相談員から食べることの大切さのお話しを聞きました。認知症になり、食事をしたことを忘れ、「まだ食べてない」「もう食べたでしょ」の言い合いになる。という話をよく聞きます。そんなときは、少しずつ何回にもわけてあげるようにしたらいい。また、口から食べるということは認知症予防にもなり、食べにくくなったら、小さく刻んだり、とろみをつけるとよいとのことでした。その後、全員でジャンケンをしての自己紹介をし、お茶を飲みながら保健師さんや介護士さん、ケアマネージャーさんたちと歓談し、楽しい時間を過ごし終了しました。
 

おしゃべり喫茶の様子です

おしゃべり喫茶の様子です
 

第1回防災委員会が開催されました

第1回防災委員会が開催されました
 
6月25日 自治会長会、消防団と合同で開催しました

6月25日 第1回防災委員会が開催されました

自治会長会、市消防団大東方面隊阿用分団と合同で会議が開催されました。各自治会の防災委員さんより「規約、防災計画等作成している。」「連絡表、防災マップは、各戸に配布している。」「避難訓練をまだ実施していないので今年度は実施した。」「連絡体制を作っているが戸数の多く、対応に苦慮する。」「名簿の作成に苦慮している。」「自治会名簿の更新が必要。」「自主避難所(自治会公民館)の備蓄品(毛布、ストーブ、懐中電灯等)がない。」「豪雪時に安否確認を行っている」等の報告がありました。各自治会とも組織化され、初動対応についても色々協議されている状況でした。「逃げる(避難)」ための体制作りの課題、避難後の対応をどうするか等課題山積です。行政との役割分担を明確にし、今後も振興会と自治会がさらに連携し、また地元消防団との連携もしながら協議をさらに深めていきます。
 

くのじ山登山道の階段を整備しました

くのじ山登山道の階段を整備しました
 

「減塩料理教室」開催

「減塩料理教室」開催
 
6月20日 男性9名、女性6名の参加がありました
生涯学習部(部長:森山修一)主催の料理教室が開催されました。雲南市では、脳卒中の発症者が県平均より高い状況があり、雲南市健康推進課で検診の呼びかけや健康教室の開催など今年度から3年間重点的な取り組みが行われます。そこで阿用地区では、食生活改善推進協議会大東支部の富山会長、安部推進員、勝部推進員を講師に迎え、高血圧予防や健康づくりに欠かせない減塩の料理を指導していただきました。はじめに富山会長から減塩の必要性について食品クイズを盛り込みながらわかり易く教えていただきました。実習では、塩分控えめの「とうもろこしごはん」「照り焼きれんこんハンバーグ」「レンジ蒸し野菜のわさびしろあえ」「フルフルゼリー」を2班に分かれて作りました。試食会では、「とうもろこしごはんがおいしかった。」「味が薄いと感じた。家ではどうしても醤油をかけてしまう。」「日頃から減塩に心掛けているが、改めて思った。」「薄味だけどワサビが入っていて美味しかった。」「今回大変参考になった。」等たくさんの感想がありました。
 

実習・試食会のようすです

実習・試食会のようすです
 

第1回高齢者見守り支援活動情報交換会が開催されました

第1回高齢者見守り支援活動情報交換会が開催されました
 
6月13日 22名の参加でした
16自治会の福祉委員、民生委員、福祉部役員等22名の参加で開催されました。
各福祉委員さんから見守り支援の状況報告、意見交換が行われました。長期間の外出の有無がわかる体制になっていること、高齢化率が上がり支援該当者が年々増えていること、年齢は若いが支援が必要な方もおられる等の報告がありました。また、情報を把握するだけでなく情報を繋げることが大切であることの意見もありました。冬季時の除雪ついて今年も希望者を取りまとめ対応する話がありました。
 

今年も阿用川堤防の草刈り作業をおこないました。

今年も阿用川堤防の草刈り作業をおこないました。
 
6月10日 38名の方に参加いただきました
当日は、各自治会・阿用の里山を守る会・生活環境部・振興会役員等により、午前6時から四班に分かれ堤防両岸の草刈り作業を行いました。天候を心配しましたが、作業中は雨が降ることもなく1時間余りで広範囲の草刈りをおこなっていただきました。ご協力いただきました皆様方、大変ありがとうございました。次週17日も作業を予定しています。
 

作業のようすです

作業のようすです
 

磨石会の皆さんに奉仕作業をしていただきました

磨石会の皆さんに奉仕作業をしていただきました
 

防災地域円卓会議が開催されました

防災地域円卓会議が開催されました
 
6月1日 自主防災の事例紹介をしました
防災地域円卓会議が、雲南市の主催で6月1日、旧飯石小学校(三刀屋町)で「災害時の初動対応」をテーマに開催されました。市内の26地域の自主組織、雲南市社会福祉協議会、雲南消防本部、島根県、雲南市の関係者等130名近くの参加がありました。全体会で自主防災の事例発表があり、阿用地区振興協議会から事務局次長の山本英利さんが発表されました。各自治会が防災組織を立ち上げるために行った取組みや平成29年の台風第18号時に各自治会で避難所を開設した事等を紹介されました。課題として ①避難準備態勢に入る時期 ②自治会により危機感の違いがある ③防災訓練の実施 ④避難所の運営の仕方 ⑤防災資材等の備蓄・管理の5点を上げ、市と細かな打合せをしなければいけないことを述べられました。他にも三新塔あきば協議会(木次町)、多根の郷(掛合町)の発表がありました。全体会後は、引き続きミニ円卓会議が開催され、各町別(大東町は、加茂町と合同)に集まり、各地区の取組みを紹介しました。また、自主組織の初動体制、対応についてたくさんの意見・要望等があり、熱い議論となりました。
 

全体会、円卓会議の様子です

全体会、円卓会議の様子です
 

刈払機安全研修会を開催しました

刈払機安全研修会を開催しました
 
5月27日 12名の参加でした。
「阿用地区のみなさんのための刈払機安全研修会」と題して、安来市から遠藤正資さん(島根県地域森林管理技術・技能審査認定協会会長、日本森林管理技術・技能審査認定協会理事)を講師にお迎えし、午前9時から午後3時まで研修会を開催しました。午前中の座学では、
①接近しすぎない(特に後方からの接近)
②刃の破損等による破片の飛沫
③刈ったものの破片の飛沫
④刃に詰まった草等をエンジン止めずに取る
⑤転倒や滑落したことで刃と接触
⑥キックバック(刃先が思わむ方向に急回転すること)
⑦斜面の下方刈り
上記の事が原因で起った事故事例を参考にして、刈払い機の安全な取り扱い方、作業のやり方について指導いただきました。また、刈払機のメンテナンスの仕方、エンジンのかけ方等の指導も受けました。
午後は、現場へ移動し、転倒時の対応等について実技指導をしていただきました。農家にとっては、必需品で使い慣れている刈払い機ですが、取り扱い方を誤れば、大変危険な物に変わってしまうことを痛感した研修会となりました。
 
 

研修会のようすです。

研修会のようすです。
 

阿用の里山を守る会の総会を開催しました

阿用の里山を守る会の総会を開催しました
 
5月26日 今年度の事業が決まりました
阿用の里山を守る会(代表:恩田守)の総会が5月26日(土)19:00より開催されました。
平成30年度の事業計画は、下記6点の内容ですべて承認されました。
1.阿用川堤防の草刈り作業
2.くのじ山登山道の階段整備
3.清久山登山道と山頂の草刈り作業
4.みーもスクール事業への参加、くのじ山・磨石山登山道の草刈り作業
5.清久山健康登山の開催
6.清久山・くのじ山・磨石山広葉樹植栽
今年度は、新会員1名の加入があり、会員数は、34名となりました。会員の総力で阿用の里山・集落景観を守れるよう環境整備活動を進めていきます。出席者は、16名でした。
 

第43回阿用地区ソフトポール大会が開催されました

第43回阿用地区ソフトポール大会が開催されました
 

今年も田舎米づくり体験事業を開催しました

今年も田舎米づくり体験事業を開催しました
 
今年で3年目となりました。
5月19日(土)今年3年目となる「田舎米づくり体験」を開催しました。心配していた天候は、少し肌寒かったものの快晴に恵まれました。今年は、東京、岡山、松江、木次そして地元から16名の参加があり、アヨ有機農法塾、阿用振興協議会のスタッフと合わせて総勢29名でにぎやかに開催することが出来ました。参加者は、交流センター隣の約8アールの水田につや姫の苗を一株づつ手植えをしました。ほとんどの方が初めてで慣れない手つきながら、約2時間で植え終わりました。桂荘でお風呂に入ってもらい、午後5時からは盛大に交流会を開催しました。
 

田植え、交流会の様子です

田植え、交流会の様子です
 

サツマイモ苗植え、あよっ子田んぼの田植えをしました

サツマイモ苗植え、あよっ子田んぼの田植えをしました
 
5月14日 全校児童46名頑張りました。  
雨で延期となっていたあよっ子田んぼの田植えが5月14日、阿用小学校の児童・先生方、アヨ有機農法塾(会長:永瀬康典)のみなさん(11名)により行われました。今年は、田植えの前にサツマイモの苗植えもありました。サツマイモの苗植えは、山本英利さん(アヨ有機農法塾)、田植えは、佐藤祐治さん(アヨ有機農法塾)からそれぞれ植え方の指導を受けました。全校児童46名は、6班に分かれてサツマイモの苗植えから作業を始めました。苗植えは、3・4年生が作った5本の畝に一人ひとりが丁寧に植えることでき、田植えも、泥んこになりながら、3アールの水田に一株づつ丁寧に苗を植えることが出来ました。これから秋の収穫を楽しみに成長を見守っていきます。
 

サツマイモの苗植えのようすです。

サツマイモの苗植えのようすです。
 

田植えのようすです。

田植えのようすです。
 

福祉部総会が開催されました

福祉部総会が開催されました
 
5月11日 お助け隊の検討を進めていきます。
来賓に雲南市社会福祉協議会大東支所の遠藤ひとみさんをお迎えし、民生児童委員の陶山隆之さん、阿用地区内16自治会の福祉委員さん等出席者30名で福祉部(部長:三原義之)総会を開催しました。今年度は、小地域ネットワーク事業の充実を目指し、高齢者お助け隊(仮称)による有償ボランティアによる高齢者見守り支援活動の事業検討をおこないます。要望の聞き取り、先進地への視察研修等をおこない、今年度中に試行実施できるよう検討を進めていきます。
 

「うんなん幸雲体操」が始まりました

「うんなん幸雲体操」が始まりました
 
5月10日 今日からスタートです。
5月10日(木)昨年度より準備を進めてきた阿用地区の第1回目となる「うんなん幸雲体操」が始まりました。
雲南市地域包括支援センター、訪問看護ステーションコミケア、島根大学医学部からも参加いただきました。総勢37名の出席で地区からは寿会のみなさんを中心に30人近くの方が参加されました。はじめに、コミケアの理学療法士藤井さんに体操の効果などをお話いただき、その後、身長・体重等ちょっとした体力測定を行いました。そして、コミケアの藤井さんに体操指導を受けながら手首や足首に重り(220g~2㎏)を巻き付け、いすに座ってゆっくりと手足を動かしました。今回は短縮版で行いましたが、皆さん真剣に取り組んでおられました。これから毎週木曜日(午前10時~午前11時)に開催しますので、みなさんのご参加をお持ちしています。
 

「アヨさん体操」は、「うんなん幸雲体操」の準備運動に取り入れます

「アヨさん体操」は、「うんなん幸雲体操」の準備運動に取り入れます
 

アヨ有機農法塾総会が開催されました。

アヨ有機農法塾総会が開催されました。
 
5月9日 平成30年度の事業計画、予算が決定しました
今年度の事業は、昨年度に引き続き環境保全型農業を目指して、エコファーマーの増員、エコ米(コシヒカリ、つや姫、きぬむすめ)の生産拡大や研修会の開催等に取組みます。自然豊かな田舎で、安心・安全な米作り体験ができる「田舎米づくり体験」も実施します。(田植え:5月19日(土)、稲刈り:9月8日(土)作業後交流会もあります)総会後の懇親会は、会員の方から提供頂いたたくさんの手作り料理(玄米麺、野菜炒め、ホウレンソウの白あえ、ポテトサラダ、蕎麦、餃子、卵焼き、チャーシュー、アジフライ等々)を堪能し大変盛り上がり、終始和やかな雰囲気で終了しました。36名の参加でした。
 

懇親会のスナップです

懇親会のスナップです
 

平成30年度阿用地区振興協議会総会が開催されました

平成30年度阿用地区振興協議会総会が開催されました
 
4月27日 総会議案はすべて承認されました
平成29年度の事業報告・決算、平成30年度の事業計画・予算について審議され、すべて承認されました。
事業報告は、初の試みとしてパワーポイントによる映像での報告を行いました。
また、下記のとおりの質疑がありました。
三原文夫さん(阿用連合自治会副会長)から 清久山登山は、急勾配なところがあり、気軽に登ることができない。気軽に登れそうな「磨石(とぎし)山、くのじ山」の登山や地区内の名所旧跡のウオーキング等の平場で活動出来る事業の検討もお願いしたい。
事務局からの答弁:くのじ山については、緑の募金公募事業で東屋の改修を行う。登山道の整備も今年度計画している。草刈り作業も行っている。平場での活動は検討したい。
蓮岡 智さん(教育支援コーディネーター)から 阿用小学校では、阿用踊りの練習を年一回地区民体育大会前に行っているが、地区での踊りの指導、自治会での練習の場がないように思う。阿用踊りの普及を含め自治会に踊りのテープ、CD等の配布により練習ができるようにしては。
事務局から答弁:文化部及び阿用地区体育協会で対応検討する。
ご意見ありがとうございました。
 

春の全国安全運動のテント村を開設しました

春の全国安全運動のテント村を開設しました
 
4月13日 今年度もテント村で交通安全を呼びかけました。
4月6日から15日までの10日間春の全国交通安全運動が実施され、今年も雲南地区交通安全協会阿用支部では、テント村を開設しました。午前9時30分より阿用交流センター前の県道であおぞら保育園の園児たちにより、チラシ、ゆで卵を運転者の方に配布し、交通安全を呼びかけました。また、同日7時30分より広報車で地区内を巡回し交通安全の呼びかけをおこないました。
 

テント村のスナップです

テント村のスナップです
 

平成30年度第1回自治会長会が開催されました。

平成30年度第1回自治会長会が開催されました。
 
4月6日 自治会長会の各種役員が決まりました
今年度最初の自治会長会が開催され、阿用地区連合自治会長、大東中学校教育後援会評議員の役員選考がおこなわれました。
選考の結果、連合自治会長には、米原豊さん(宮内自治会)、副会長には三原文夫さん(福富自治会)、代表幹事に錦織憲雄さん(明賀谷自治会)、幹事に佐藤幸雄さん(清久下自治会)と山本勇次さん(上市場自治会)が選出され就任されました。大東中学校教育後援会評議員には、別所修さん(清久上自治会)、錦織保広さん(東上自治会)、三原裕之さん(横手谷自治会)、藤原康さん(三峠自治会)の4名方がが就任されました。
 
 

阿用小学校5名のピカピカ1年生が入学しました

阿用小学校5名のピカピカ1年生が入学しました
 
元気に入場し、大きな声で返事をしました。
例年より早く桜が咲いてしまいましたが、とても良い天気で入学式を迎えました。5人の新入生は会場入り口で入場行進を待ってました。屈託のない笑顔を先生とスタンバイです。
新しい勝部校長先生から歓迎の挨拶を受けて、しっかり耳をかたむけていました。
また、荒木PTA会長から歓迎の挨拶と保護者のみなさんへ学校の諸活動等への協力依頼についてお話がありました。
新入生は参加者から、しっかり見守られています。じっと前を見たり、時には親御さんを見てニッコリする子、時間が経つとそわそわ、でも諸動作が初々しく感じました。今年は全校生徒46名教職員15名でスタートです。お家・学校・地域と連携してスクスクと心豊かな「あようっ子」に育てましょう。振興協議会として「子育て支援の一環」で今年も1万円の図書券を贈呈させていただきました。
 
 

入学式のスナップです。

入学式のスナップです。
 

平成29年度の情報は移動しました。

平成29年度の情報は移動しました。
 
平成29年度の情報はサイドメニューから見れます。
 
 
qrcode.png
http://ayoutiku.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<阿用地区振興協議会>> 〒699-1224 島根県雲南市大東町東阿用33-1(阿用交流センター) TEL:0854-43-2811 FAX:0854-43-2811