阿用地区振興協議会 | 島根県 | 雲南市

 
 

阿用地区振興協議会からのお知らせ

阿用地区振興協議会からのお知らせ
  2016-02-18 「阿用賛歌」の動画紹介
  2016-02-15 過去の情報はサイドメニューから見れます
   
平成30年阿用地区振興協議会が目指すこと
平成30年の目標は
 いつまでも住み続けることのできる地域を作ろう
  ①美しい阿用の里山・集落景観を将来に引継ぐ
  ②地域の継続的発展のために、定住対策に取り組む
  ③安心して暮らせる地域防災体制の確立
 安全・安心して暮らせる阿用の郷をめざして
  ①地域みんなで支えあう小地域ネットワーク事業の推進
  ②サロン活動の推進
  ③健康長寿の郷づくり事業の推進
  ④安心・安全な地域づくりの推進
  ⑤健康で心豊かな人づくり
 阿用の将来を担う後継者を育成しよう
  ①若者が地元で定住できる環境づくり
  ②阿用の魅力を発信
  ③地域で子育て、阿用の子どもたちの応援
  ④阿用小学校の魅力発信
  ⑤生き甲斐づくりの支援
 
 

高齢者お楽しみ交流会が開催されました

高齢者お楽しみ交流会が開催されました
 
11月10日 和やかなひと時となりました

今年で9回目を迎えた交流会は、19名の高齢者の方にお出かけいただき、20名のスタッフと共に開催しました。あおぞら保育園児たちの可愛い歌声により和やかな雰囲気でスタートし、続いてグリーン・リバー(代表:難波幸夫様)の皆さんのハーモニカ演奏がありました。曲が流れると口ずさむ声も聞かれ懐かしさと共に心地良い音を楽しむことが出来ました。最後は、島根大学のフィールド演習で参加した2名の学生が考えた輪投げをチーム対抗で行いました。また、昼食は、あよう川スマイル(代表代行:佐々木美智子)の皆さんから「あおさの吸い物」と「デザート」を作って頂き、お弁当と一緒に美味しく頂きました。秋晴れの良い天気にも恵まれ、和やかなひと時を楽しむことが出来ました。参加いただいた高齢者の皆様、スタッフの皆様、大変お疲れ様でした。

 

交流会の様子です(あおぞら保育園児の皆さん)

交流会の様子です(あおぞら保育園児の皆さん)
 

交流会の様子です(グリーン・リバーの皆さん)

交流会の様子です(グリーン・リバーの皆さん)
 

交流会(輪投げ)の様子です

交流会(輪投げ)の様子です
 

明寿会の皆さんに奉仕活動を行っていただきました

明寿会の皆さんに奉仕活動を行っていただきました
 

 117日 24名の皆さんで作業を行っていただきました

阿用寿会で定期的に阿用交流センター周辺の環境整備に取組んでいただいています。今年度の秋の作業は、明寿会の皆さんに草刈りや剪定、側溝の泥上げ作業等を行っていただきました。大変奇麗になってすっきりした気持ちの良い環境となりました。明寿会の皆様に厚くお礼申し上げます。

 

作業の様子です

作業の様子です
 

第28回阿用地区ゲートボール大会が開催されました

第28回阿用地区ゲートボール大会が開催されました
 
11月4日 10チームの参加でした
秋晴れの中、5自治会10チームの参加により阿用小学校校庭で開催されました。予選リーグ戦により三峠A、B、Cと宮内Aが勝ち上がり決勝戦となりました。結果は、優勝が三峠C、第2位三峠A、第3位三峠Bと三峠自治会が上位を独占しました。
 

大会の様子です

大会の様子です
 

清久山に登りました

清久山に登りました
 
10月28日 登山前にリニューアルされた案内看板の除幕式もありました

素晴らしい秋晴れの中、清久山登山を行いました。当日は、阿用地区内外から約30名が参加しました。午前10時過ぎから標高565.6mの頂上を目指して出発し、約1時間で登頂しました。今年は、出発前にリニューアルされた登山口の案内看板の除幕式を行いました。この看板作製にあたり、清久山に設置され記載されている一等三角点について国土地理院の説明文の原本を浜田富次さんに訳していただき、また、この原本を取り寄せるのに大東の内藤信夫さんにご尽力いただき今日の日を迎えました。両氏から一等三角点について説明していただき、その後、遠く岡山県から参加された中島サダコさんにも加わっていただき除幕しました。

 

除幕式、登山の様子です

除幕式、登山の様子です
 

復旧治山事業(清久下地内)の安全祈願祭・起工式が開催されました

復旧治山事業(清久下地内)の安全祈願祭・起工式が開催されました
 

1026日 清久下地内の治山事業の安全祈願祭と起工式が川井集会所で開催されました。平成16年の豪雨の際に大内谷川支流の峰山から流れ出た大量の土砂により、加茂の赤川まで濁るということがあり、県に対しこの対策を要望していたところ、この度次のような工事を行っていただくことになりました。工事期間は、平成30年度から33年度までの4年間で4工区により大谷川支流コンクリート谷止工事、民家裏山の法枠工事・コンクリート擁壁工事が行われます。総事業費は136百万円です。

 

高齢者交通安全教室が開催されました

高齢者交通安全教室が開催されました
 

1023日 雲南地区交通安全協会阿用支部(支部長:木色薫)は、高齢者交通安全教室を阿用交流センターで開催しました。阿用駐在所の景山雄介巡査長から島根県・管内の交通事故発生状況、左右の安全確認の徹底、夜光反射材の活用、早めのライトの点灯、交通事故の要因等についてお話をいただきました。当日は、阿用寿会から40名の参加がありました。

 

みーもスクールでストラップやマグネットを作りました

みーもスクールでストラップやマグネットを作りました
 
10月17日 阿用小学校3・4年生が間伐材で作りました

今年度最後のみーもスクールは、檜の間伐材を使ってフクロウのストラップやマグネット作りを教わりました。竹田正彦森林インストラクターから胴体、目、小さなくちばしと耳、足を順番にピンセットや爪楊枝を使って接着することを教わりました。手先の器用さが問われる作業でしたが集中して真剣に取り組むことが出来ました。また授業は、45分間でしたが全員かわいい作品を完成することが出来ました。「かわいいフクロウが出来て楽しかった。家でも作ってみたい。」「今回2回目だけど2回とも上手に出来た。」という感想がありました。クイズによる座学・間伐作業・木工品の作製の3回の学習でみーもスクールが終了しました。子どもたちがこの学習を通して森林や自然の大切さやふれあいを求めるきっかけとなることを願っています。

 

作業の様子です

作業の様子です
 

平成30年9月以前の情報は移動しました。

平成30年9月以前の情報は移動しました。
 
平成30年9月以前の情報はサイドメニューから見れます。
 
 
qrcode.png
http://ayoutiku.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<阿用地区振興協議会>> 〒699-1224 島根県雲南市大東町東阿用33-1(阿用交流センター) TEL:0854-43-2811 FAX:0854-43-2811