阿用地区振興協議会 | 島根県 | 雲南市

 
 

阿用地区振興協議会からのお知らせ

阿用地区振興協議会からのお知らせ
   
活動目標
 ①地域の美しい景観を将来に継承するための諸活動を行います。
 ②地域住民の安全確保を第一に関係機関との連携を図り、地域防災の推進を図ります。
 ③地域みんなで支え合う、いきいき応援隊事業の利用推進と地域サロン活動の推進を図ります。
 ④健康長寿の郷づくり事業の推進を図ります。
 ⑤次代の世帯が地元で住める環境づくりやIターン等定住対策の推進を図ります。
 ⑥阿用小学校をはじめ地域の子どもたちの支援・応援と情報発信を図ります。
 ⑦人権意識の向上を図ります。
 
 

田舎米作り体験(田植え)実施

田舎米作り体験(田植え)実施
 
 5月18日(土)にコロナ禍で中止していた「田舎米づくり体験」を5年ぶりに開催しました。
 今年は、東京・大阪・兵庫・松江・出雲・益田から子どもたちを含め25名の参加があり、地元のアヨ有機農法塾の皆さんや阿用地区振興協議会役員、職員等総勢52名で、晴天のもと阿用交流センター隣の約8アールの田んぼの田植えを行いました。
 参加者は、農業振興部長の細貝嘉紀さんに苗の植え方についての説明を受け、1人4列毎に手植えをしていきました。慣れない手つきでしたが泥の感触を楽しみながらにぎやかに田植えは進み、約1時間半で終了しました。子どもたちも泥だらけになりながら頑張りました。
夕方からの交流会は、田舎米作り体験特任調理スタッフによる沢山の手作りの料理を堪能していただきました。
 参加者から
「地区をあげて有機農法という同じ方向に向けた理由は?」
「家族4人で1年分の米を作るのに必要な田の面積は?」
「猪の防除はどのようにしているのか?」
「生まれ変わったら都市部か田舎のどちらに住みたいか?」
などの質問があり、農業の現状や「阿用」を知っていただいた場となりました。 また、参加者全員の自己紹介で楽しく交流が出来ました。今後、秋の収穫イベントで再会できるのを楽しみにしています。
 皆さん大変お疲れさまでした。
 

田植えと交流会の様子です

田植えと交流会の様子です
 

阿用小のさつま芋苗植え

阿用小のさつま芋苗植え
 
 5月14日(火)に阿用小学校全校児童で、さつま芋苗の植え付け作業を行いました。恩田集落支援員から、苗の頭は東の方向に向けることや水平に植える等の植え方指導を受けた後、作業に入りました。
 児童たちは、5班あるなかよし班で協力しながら、畑の畝に一人2本の植付けをしたあと、水やりをして約1時間で作業は終了しました。
 終わりの会では、6年生から「最後の芋苗植えで下級生と協力しながら出来たこと」や、下級生からは「教えてもらいながら植えられて良かった」といった感想が発表されました。教頭先生から「今後は苗に水やり等をするお世話がありますが、各班で協力しながら行いましょう」の挨拶で会は終了しました。
 児童たちは、秋の収穫を楽しみにしていました。
 

活動の様子です。

活動の様子です。
 

交通安全パレード実施

交通安全パレード実施
 
 4月8日、雲南地区交通安全協会阿用支部は、春の全国交通安全運動に伴い交通安全パレードを実施し「交通安全」を呼び掛けました。当日は、阿用駐在所片岡巡査部長さんと交安協阿用支部役員7名により阿用交流センターを7時20分に出発しパトカーを先導に広報車、軽トラックなどにより阿用地区内をパレードし啓発活動を行いました。
 

パレードの様子です

パレードの様子です
 

第2回高齢者見守り支援活動情報交換会開催

第2回高齢者見守り支援活動情報交換会開催
 
 3月12日今年度2回目の高齢者見守り支援活動の情報交換会を開催し自治会福祉委員さんと共に今年度の総括を行いました。
例年通り各自治会での状況を福祉委員さんに報告していただきました。自治会によっては施設に入所や転居された方もありましたが比較的元気な方が多く外仕事や買い物など自分でされていることなど報告がありました。また、ある自治会では高齢の女性の方たちが若い方たちと「コンニャク作り教室」をされたと聞きました。こうして元気に交流ができて、手作りの伝承が行われたことはとても良いことだと感じました。
 課題としてあげられたのは、「見守り該当者の方が何かあった時に福祉委員さんへの連絡がない場合があり、自治会長か福祉委員に連絡を入れてもらいたい。」と言った意見がありました。来年度からは、そうしたことも見守り該当者の方へ周知するようにします。陶山民生委員からは「些細なことでも構わないので困った事や心配な事、変わった様子などあれが民生委員に相談してください。」と述べられました。
 最後に来年度福祉委員の交代がある自治会は引き継ぎを行っていただくようお願いをして会を閉じました。 参加いただいたみなさんありがとうございました。
 

配食サービス事業の意見交換会開催

配食サービス事業の意見交換会開催
 
 3月6日(水)午前9時30分から配食サービス事業の意見交換会を雲南市社会福祉協議会大東支所遠藤ひとみ主幹、配食ボランティアの皆さんにご参加いただき開催しました。
 はじめに、山本英利福祉部長から、ボランティアの皆さんのお弁当のお届け、利用者さんへの声掛けが安否確認につながっていると感謝を述べられました。社協の遠藤さんからも日頃の配食サービス事業への協力のお礼を述べられ、その後今年度の配食実績についてお話いただきました。
 大東町は他の町に比べ利用者数、食数ともに増えていますが、阿用地区では途中、利用者の減少もあり食数もわずかながら減りました。ボランティアさんからは、「お届け時におられない時があり書置きがしてあるのでボックスに入れて帰るが少し心配だ。」「いつも出て待っていてくださるので気を使われているように思う。」などの声がありました。
 令和6年度から弁当業者さんからの申し入れがあり、夏季の間のお届け時間が変更になるとの説明もありました。食中毒などの面で安全に利用者さんに食していただくよう届け、声掛けをこれまで通り続けていきたいと感じました。
 今年度も配食ボランティアの皆さんの239日間のお届けと見守りがあり、何事もなく終えることが出来ました。誠にありがとうございました。
 

環境美化パトロール実施

環境美化パトロール実施
 
 3月10日(日)午前8時30分から、生活環境部(部長・景山正彦)により、川井大橋から川井峠間の環境美化パトロールを行いました。当日は、生活環境部員の皆さん等15名の参加がありました。県道沿いに捨てられたビン・缶・ペットボトル・ビニール袋等の不法投棄物を回収しました。川井大橋を過ぎた上りの県道沿いは、特に沢山の缶やビン等が散乱している状況です。約1時間余りの作業で軽トラック約1台分の量を回収しました。
 交流センターで金属・プラスチック・ガラス・可燃物に分別し、土のう袋約10袋分となりました。回収量は昨年よりは少なく感じましたが、不法投棄は、後を絶ちません不法投棄は犯罪です。今後もこの活動により、不法投棄防止の周知に努めます。
 ご協力頂いた皆様、大変ありがとうございました。
 

作業の様子です

作業の様子です
 

男の料理教室

男の料理教室
 
 2月20日(火)午前10時から男性の交流の場を作るきっかけづくりとして男の料理教室「男子ごはん」を参加者、スタッフ14名で開催しました。
 当日のメニューは甘鯛のカレームニエル、鶏のハラミと白ねぎのマヨ味噌炒め、菜の花のからし和え、玉ねぎのコンソメスープ、卵焼きの5品を2班に分かれて作りました。普段から家庭で料理をされている方も多く、段取りよくテキパキと切ったり、炒めたりしてあっという間に50分ほどで完成しました。ご飯の炊き上がるのを待って早めのお昼です。みんなで作った料理を歓談しながら大勢でいただくお昼はいつもより楽しいひと時となりました。みなさんの感想は「楽しく作ることができて良かった」「美味しくできて良かった」「野菜も摂れて良かった」などの声が聞けました。
 今後このような食事会での交流や時には一杯飲みながらの交流の場ができるといいですか?と聞いたところ、賛成の挙手が多くありました。これから地域のみなさんが集える居場所づくりの「はじめの一歩」になった「男子ごはん」でした。
 参加いただいたみなさん是非家でも作ってみてくださいね。お疲れ様でした。ありがとうございました。
 

男の料理洋室の様子です

男の料理洋室の様子です
 

令和6年新年賀会開催

令和6年新年賀会開催
 
 年始恒例の、阿用地区新年賀会を1月21日(日)午前9時から、阿用交流センターで開催しました。
来賓に雲南市長石飛厚志様、島根県議会議員高橋雅彦様、雲南市議会議長矢壁正弘様、雲南市大東総合センター所長高田浩二様他をお迎えし、総勢43名の皆さんの出席のもと開催しました。
 主催者を代表して、後藤会長が振興協議会の各活動についての、お礼や報告をしました。
 来賓の石飛市長からは、地区活動や原発事故想定避難訓練参加へのお礼の言葉があり、高橋県議会議員からは、県政や県内の状況・課題等について、そして矢壁市議会議長からは、市内の諸情勢や阿用地区の玉湯吾妻山線工事再開、神后田頭首工井堰工事着手等の話がありました。また3名の方々から、元日に発生した能登半島地震被災者に対するお見舞いの言葉がありました。振興協議会も今回の様な壊滅的大規模災害時の対策も検討する必要を感じました。
 最後に高田大東総合センター所長の「ヤクルト400」での乾杯があり、閉会となりました。
 今年も、式典後の懇親会が開催できず、物足りなさを感じましたが、来年は盛大に行われることを祈ります。
 
 

新年賀会の様子です

新年賀会の様子です
 

令和5年12月以前の情報は移動しました。

令和5年12月以前の情報は移動しました。
 
令和5年12月以前の情報はサイドメニューから見れます。
 
 
qrcode.png
http://ayoutiku.jp/
モバイルサイトにアクセス!
<<阿用地区振興協議会>> 〒699-1224 島根県雲南市大東町東阿用33-1(阿用交流センター) TEL:0854-43-2811 FAX:0854-43-2811